マザーズバックは大容量タイプで

 

赤ちゃんとのおでかけは、ママにとっては本当に大変です。
オムツにおしりふき、オムツ替えマットに念のための替えの洋服や防寒具、哺乳瓶やお湯を入れておく魔法瓶、タオルやガーゼ。
必要なものが次々に思い浮かびます。
外出先でぐずらないようにお気に入りのおもちゃや絵本も欠かせません。
離乳食がはじまっていたら、レトルトの離乳食やとりわけ用のお皿やスプーンも必要になってきます。
このようにおでかけ前の準備にも一苦労。
あれもこれもと念のためにどんどん詰め込んでいくと、バッグはパンパンになってしまいます。
あっというまに大荷物になってしまい、どこに何をしまったのかわからなくなってしまうことも多々あります。
マザーズバッグもさまざまなタイプのものが売られていますが、荷物が増えやすい乳幼児期の赤ちゃんとのおでかけであれば、一番重視したいのは収納力です。
口が大きく開いて、出し入れがしやすいものだと、使い勝手もよいでしょう。
中身が多いとうっかり忘れたり落としたりもするので、ファスナーでしっかり口が閉じるほうが便利です。
また赤ちゃんグッズは細々としたものも多いので、ポケットや仕切りがあると、急いでいるときにも目当てのものがすぐに取り出せてイライラすることがありません。
大容量タイプはたくさん収納できるのが魅力ですが、四次元ポケット化してしまうのが難点なので、すぐ使うものは外ポケットに、大事なものは内ポケットにとあらかじめ仕舞う場所を決めておくのもおすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。