マザーズバッグを選ぶおすすめポイント

 

赤ちゃんや幼児の子育て中は、とっても荷物が多くなります。
赤ちゃんはおむつや着替え、おしりふきにガーゼ、母乳であれば授乳ケープが必要ですし、母乳でなければ、さらに必需品は多く、哺乳瓶に粉ミルク、熱湯入りの水筒に白湯など大荷物になります。
そして卒乳してもまだ幼児の段階ではたくさんの荷物が必要で、予備の着替えやウェットティッシュタオル、ちょっとしたお菓子、外食時にはエプロンや矯正橋なども必要となってきます。
そんな大荷物に対応できるのが、マザーズバッグのメリットです。
いろいろなデザインが出回っていますが、マザーズバッグを選ぶ際のおすすめポイントとしては、大容量のタイプ。
しかも、その日その日の荷物の量に合わせてホックなどで大きさ調整ができる2ウェイタイプのものだとより使い勝手がよくなります。
また、赤ちゃんや子供を世話しながらカバンから荷物を出すので、中身を探しやすい大口デザインがベストです。
時には抱っこしながらカバンからタオルを出すこともあるので、収納力と取り出しやすさのみならず、中の仕切りもいくつかあるタイプだとより便利です。
また子供用品だけではなく、ひとつのバッグに自分の携帯や財布などをまとめると手荷物が増えずに済むので、内側に財布や携帯ポケットがあったり、チェーンなどで繋がり取り外し可能な内側用のポーチがセットになっているタイプもお薦めです。
また、収納したものが落ちないようにファスナーで開け閉めできるものだと安心で、材質も水や汚れに強いタイプが遣いやすいです。
以上のポイントを踏まえて、色や柄、シルエットなどを探してみると、お気に入りのマザーズバッグが見つかります。
そして、もし選びきれずに迷ったとしたら、軽量のものを選ぶとよいでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。